障害年金不支給事例に基く 申請前に注意すべき点

先日、年金不支給決定者から審査請求のご依頼を頂きました。審査請求のご依頼というのは1度不支給決定等になったということです。

なぜ不支給決定になったかという情報はこれから申請をお考えの皆さまは事前に知っておいた方が良いだろうと思い、共有させて頂きます。一度ご確認下さい。

相談者様の状況

主治医の診断書を取得して、区役所の年金担当者に「病歴状況申立書(国民年金用)」の記載方法について相談し、担当者に言われるように記入して障害年金の請求をしたところ、不支給の決定通知を受けた。

納得がいかないので区役所に理由を尋ねたところ、審査請求書が送られてきた。

江口社労士の見解

すぐに主治医による診断書を確認させていただきました。内容としては、障害基礎年金の2級の可能性があるものでした。

ご本人によると、区役所の年金担当者の言われるように記入した「病歴状況申立書」が診断書と異なる内容になったようです。

今行っていること

私のコメントをつけて、主治医に再度診断書の作成を依頼中です。その診断書を補強する内容の「病歴状況申立書」を当方で作成して、事後重症として年金の請求を行う予定です。

江口社労士からコメント

今回のように年金事務所や区役所などのサポートによって申請した結果、納得のいかない結果(不支給決定等)になってしまうことがよくあります。

一度不支給決定を受けてしまったら、ほとんどの場合、覆すこと(障害年金をもらうこと)は無理です。

申請される前に一度専門家(社労士)にご相談下さい。

障害年金無料相談受付中! 082-224-4514 受付(月~土)9:00~18:00 無料相談会予約無料メール相談
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら