脊髄小脳変性症・その他

二分脊椎で障害基礎年金2級を受給

傷病名:二分脊椎 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年9月、ご本人(20歳、男性)のご両親が無料相談会には来られました。 出生時に髄膜瘤と診断され、その手術で脊髄が傷つき、以後、種々の障害(歩行、排便、排尿)が生じ、自力での歩行が不能で就労もできない状態であるため、障害年金の請求を行いたいが自分たちではできないので手続きの
続きを読む >>

脳性麻痺と精神遅滞で障害基礎年金1級を受給した事例

傷病名:精神遅滞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:966,000円 相談に来られた時の状況 平成26年6月、ご本人(20歳、男性)のご両親とご自宅近くのファミレスで面談しました。極小未熟児で出生し、生後半年で脳性麻痺と診断され、以後継続して療育と受診を継続している。 平成22年に療育手帳Aを取得。障害年金の1級を受給したいので手続きの代行を依頼したいとのことでした。
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級受給

傷病名:脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:約112万円 1 相談に来られた時の状況 ご本人が娘さんの付き添いで相談に来られました。 4年前ごろから、階段を踏み外したり、段差につまずいて転んだり、パソコンのキータッチミスが増えるようになりました。 発病の翌年、脳の障害が心配になり初めて受診しました。検査の段階で脊髄小脳変性症の疑いがありといわれ、初診の1年
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中! 082-224-4514 受付(月~土)9:00~18:00 無料相談会予約無料メール相談
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら