腎疾患

慢性腎不全で障害厚生年金3級が決定

傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:579,700円 相談に来られた時の状況 平成26年8月、ご本人(50歳代、女性)が無料相談会に来られて面談した。平成25年2月頃、高熱を発病。近医に受診するも高熱は続き、大学病院へ転院したところ、難病の結節性動脈周囲炎と診断される。 薬の副作用で腎機能が低下し、急性腎不全から慢性腎不全になり、手足のしびれ、筋力の低下
続きを読む >>

慢性腎不全で障害基礎年金2級を受給

傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年10月、ご本人(40歳代、男性)から電話を頂き、無料相談会には来られないので、ご自宅に伺って面談しました。糖尿病性の慢性腎不全で人工透析を開始したので障害年金の請求をしたいが、糖尿病での治療はしていないので、書類の書き方が分からず、サポートをしてほしいとのことでした。
続きを読む >>

慢性腎不全で障害基礎年金2級を受給

傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:579,700円 相談に来られた時の状況 平成26年9月、ご本人(55歳、女性)から電話を頂き、無料相談会に来られた。 人工透析を始めたので障害年金の手続きをしたいが、初診日の証明がよくわからないので 手続きの代行を依頼したいとのことでした。 相談から請求までのサポート 島の施設で就労中の定期健康診断で腎機能の
続きを読む >>

直腸がん(人工肛門)で障害厚生年金3級を受給した事例

傷病名:末期腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:594,200円(5年遡及分約300万円) 相談に来られた時の状況 平成26年2月、ご本人(56歳、男性)のお兄様が無料相談会に来られました。 在職中の平成20年8月に直腸がんの手術を行い、同月、人工肛門を造設。その後、糖尿病の悪化により、平成26年1月より、人工透析を開始した。障害年金の受給ができるのではないかと
続きを読む >>

末期腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

傷病名:末期腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:1,127,000円 相談に来られた時の状況 平成26年2月、ご本人(56歳、男性)のお兄様が無料相談会に来られました。 在職中の平成20年8月に直腸がんの手術を行い、同月、人工肛門を造設。その後、糖尿病の悪化により、平成26年1月より、人工透析を開始した。障害年金の受給ができるのではないかと思うが、自分たちでは手
続きを読む >>

糖尿病性網膜症で障害基礎年金1級を受給した事例

傷病名:糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:約97万円(遡及分 425万円) 相談に来られた時の状況 平成25年11月、ご主人の障害年金の請求手続きについて、ご夫婦で相談に来られました。 平成17年頃、目に飛蚊症が生じ受診。視力が徐々に低下し、同時に腎臓の機能も低下したので、人工透析を開始している。障害年金の手続きを行いたいが、遡及を含めや
続きを読む >>

慢性腎不全で障害基礎年金2級を受給した事例

傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:約78万円 相談に来られた時の状況 平成25年1月、奥様から電話を頂き、ご主人が人工透析を始められ、障害年金の手続きをしたいが、初診日がかなり前で病歴を整理するのが大変で、自分は仕事をしているので当方に手続きの代行を依頼したいとのことでした。 また、奥様は仕事で相談に来られず、ご主人も視力が低下しているので、自宅に
続きを読む >>

糖尿病性網膜症で障害基礎年金1級を受給した事例

傷病名:糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:約97万円(遡及分 425万円) 相談に来られた時の状況 平成25年11月、ご主人の障害年金の請求手続きについて、ご夫婦で相談に来られました。 平成17年頃、目に飛蚊症が生じ受診。視力が徐々に低下し、同時に腎臓の機能も低下したので、人工透析を開始している。障害年金の手続きを行いたいが、遡及を含めや
続きを読む >>

糖尿性慢性腎不全・人工透析で障害共済年金2級を受給

傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害共済年金2級(公務外) 支給額:約165万円 1 相談に来られた時の状況 奥様が相談に来られました。 ご主人が平成9年に糖尿病を発症され、その後慢性腎不全となり、2年前から人工透析を開始されました。 老齢年金の相談に年金事務所に行かれたときに障害年金の説明を聞かれて、障害年金の請求を考えるようになられました。ご主人は他に病気を抱えてお
続きを読む >>

人工透析で障害基礎年金2級を受給できたケース

1 相談に来た時の状況 ご相談のお電話をいただいたのは、ご本人の奥様からでした。 40歳代の夫が人工透析を始めたので、障害年金の手続きをしたいが、奥様が働いており手続きをする暇が無いので、代わりに手続きをお願いしたいとのことでした。 そこで自宅に伺い、ご本人と直接これまでの受診状況を伺いました。 2 江口社労士による見解 人工透析を行っているとのことなので、病状としては国民基礎年金2級に
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中! 082-224-4514 受付(月~土)9:00~18:00 無料相談会予約無料メール相談
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら