MENU

発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

1 相談に来た時の状況

ご相談にいらしたのは、ご両親でした。生まれつき、発育遅れがあり、療育センターで育ててきたお子様のことで障害年金を申請したいとのことでした。

お子様は小学校から大学にまでの発育遅れが原因でいじめられていたそうです。ご本人はもちろん、ご両親も日々心を痛めていたそうです。必死のサポートでお子様をなんとか大学まで行かせましたが、就職は難しいということで、生活資金を確保するために障害年金の受給が出来ればと、わずかな希望を持って相談にお越しになりました。

ありがたいことに、当事務所のHPを見て「この先生なら信頼できそうだ」と電話をしてくださったようです。障害年金はすぐに申請した方が一生涯にもらえる年金額が増えるので、私は、すぐに面談の約束をいたしました。

2 江口社労士による見解

私自身の理念として、障害年金の申請は、相談者の権利だと考えており、どのようなケースでも、まずご面談し、小さな可能性でも捨てずにご支援を申し上げることが社労士の責務だと思っております。

本件は、非常に判断が難しいケースでした。しかし申請せずに諦めることは私の社労士としてのポリシーに反するため、ご支援させていただきました。 

3 受任してから申請までにやったこと

3-1 初診日証明の取得

お子様が生まれつきの発達障害ということで、20年前に診察を受けた病院で初診日証明をとりました。幸いにもカルテが残っており、証明を取得できました。 

3ー2 診断書作成サポート

ご両親にお子様が生まれてから今に至るまでの状況や周囲からのいじめ、ご本人の障害を発端とする日々の苦しみや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧にお伺いしました

ドクターに本人の苦しみが伝わるように、上記でヒアリングした項目をひとつのレポートとしてまとめ、ドクターに参考資料として渡しました。苦労したかいがあって、診断書に障害の状況を詳細に記載いただくことにご協力いただけました。 

3-3 申立書の作成

また上記でしっかりヒアリングした内容をもとに「病歴申立書」に詳細に記入をしました。

4.結果

相談者様は私に依頼をされる前に、他の専門家にも相談したそうですが、そのときは非常に難しいといわれ、断られたそうです。

そうした難しい案件でしたが、ご両親の協力を得て、誠心誠意努力した結果、無事に障害基礎年金の2級を取得することが出来ました

ご両親も大きな不安がなくなり、お子様も今は不穏なくお過ごしになられているという便りを頂き、非常に嬉しく思っています。


hattatsu.png

手紙をクリックすると拡大して表示されます!

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「発達障害」の記事一覧