MENU

アスペルガー症候群で障害基礎年金2級受給した事例

傷病名:アスペルガー症候群
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(20歳前)
支給額:約78万円

相談に来られた時の状況

ご本人とご両親が相談に来られました。幼児期からいろいろと物に対するこだわりがあり、小四のときにアスペルガー症候群と診断されました。中学は特別支援学級に在籍されましたが、友人はいませんでした。特別支援高校に進まれましたが、中途退学され、以後、何ヶ所かの支援施設に通いましたが、長続きされませんでした。

対人関係を強くしたいという気持ちはありますが、現状、昼夜逆転の引きこもり状態がつづいておられます。

両親が心配され、障害年金の請求を考えられるようになられました。

相談から請求までのサポート

アスペルガー症候群の特徴である数々の「こだわりのエピソード」について(幼少時から現在まで)両親から丁寧に聴き取りをし、その内容を医師に伝えて診断書を作成していただきました。

又、病歴申立書にも「こだわりのエピソード」を細部にわたり記入し、診断書の内容との整合性等を確認しながらまとめました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、約78万円を受給できるようになりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「アスペルガー症候群」の記事一覧