MENU

末期腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

相談者

傷病名:末期腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給額:1,127,000円

相談に来られた時の状況

平成26年2月、ご本人(56歳、男性)のお兄様が無料相談会に来られました。

在職中の平成20年8月に直腸がんの手術を行い、同月、人工肛門を造設。その後、糖尿病の悪化により、平成26年1月より、人工透析を開始した。障害年金の受給ができるのではないかと思うが、自分たちでは手続きが困難なので、請求手続きを委任したいとのことでした。

相談から請求までのサポート

平成14年5月の定期健診で糖尿病の検査を指示されているため、当時の会社に連絡して健康診断の記録を取り寄せた。次に糖尿病で受診した病院に受診状況等証明書の作成を依頼した。ご本人は高齢の母親との二人暮らしで動ける状態ではなかったので、ご本人の委任状を頂き、全て当方で行った。お兄様は、ご本人とは別居されており、これまでの病歴等については、ほとんど認識がないとのことなので、病歴等については、後日、自宅に伺いお母様から聴取して病歴・就労状況等申立書を作成した。

結果

平成26年10月、障害厚生年金2級が決定し、1,127,000円(年額)を受給することができた。

なお、人工肛門については、平成20年8月に障害厚生年金3級の受給が決定し、5年遡及分で約300万円を受給。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「 末期腎不全」の記事一覧