MENU

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級受給

  1 相談に来られた時の状況 ご本人が娘さんの付き添いで相談に来られました。 4年前ごろから、階段を踏み外したり、段差につまずいて転んだり、パソコンのキータッチミスが増えるようになりました。 発病の翌年、脳の障害が心配になり初めて受診しました。検査の段階で脊髄小脳変性症の疑いがありといわれ、初診の1年後に病名確定しました。 このころから左足の感覚麻痺、左腕のしびれを自覚し、階 続きを読む