MENU

広汎性発達障害にて障害基礎2級受給

傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(20歳前)
支給額:約78万円

1 相談に来られた時の状況

お母様がお嬢さんのことで、ご相談にいらっしゃいました。

現在は20歳を超えていらっしゃいますが、中学生の頃から気分の浮き沈みがひどくなり、他人とは違和感があること、朝も起きれず遅刻してしまうこと、自傷行為を起こしたこともあるとのことでした。
食事もとれず、自室にこもってインターネットに無心に取り組んでいる状態が不安で、今後どのようにしていったら良いのかとのご相談でした。

また、以前に20歳前と事後重症で請求したが不支給決定されたとのことで、もう自分でするには限界を感じているので、プロの力でどうにかして欲しいとのことでした。

2 相談から請求までのサポート

以前に請求をされたとのことだったので、まずは年金事務所に行き、前回の診断書等を取り寄せました。前回の診断書を精査し、この度の診断書の参考にしました。

事後重症として精神の診断書を主治医に作成していただきました。初診の病院では、様々な理由により初診の証明ができないとのことでしたので、診察券や家計簿等を初診日の証明にし、事後重症1枚の診断書を主治医の先生にお書きいただき、それを入念にチェックしました。

病歴・就労状況等申立書については、以前に提出の申立書を生かし、またこの度の請求に至るまでにどのように悪化していったかを詳らかにしていけるものにまとめました。

3 結果

20歳前の障害基礎年金2級が事後重症として決定され、約78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「広汎性発達障害」の記事一覧