MENU

アルコール依存症

アルコールの影響で不支給となったが、障害基礎年金2級が認定

相談に来られた状況 令和元年9月、ご本人(20歳代、女性)が相談に来られました。 自分で障害年金の請求手続きをしたところ、 不支給となり、審査請求(不服申立て)も行ったが棄却され、 障害年金の請求を再度行いたいので代行を依頼したとのことでした。   相談から請求までのサポート 診断書の傷病名は、統合失調症のみで、内容的には、2級が認定されるものであった。 しかしながら、病 続きを読む

アルコール精神病で精神病認定され、障害厚生年金2級を受給できた事例

相談に来られた時の状況 平成26年1月、アルコール依存症のご主人のことで奥様が相談に来られました。 若いころからお酒が好きで多量の飲酒をされていたとのことで、約20年前にアルコール依存症で入院をされ、その後も数回の入院歴がありますが、飲酒をやめることができず、5年前に退職。退職後も飲酒が続き、再び入院治療を受けているが、就労の目途がたたないので障害年金の請求をしたいとのことでした。 相談から 続きを読む