MENU

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症で障害厚生年金3級受給

  相談に来られた時の状況 平成25年11月、ご本人(61歳、男性)から電話により障害年金の手続きの依頼を頂き、必要な書類(委任状、契約書等)を送付し、返送して頂いた。 平成19年4月頃に息切れと胸の痛みを感じ、同年6月に受診したところ、大動脈弁狭窄症と診断され、経過観察をしていたところ、平成24年に人工弁の手術を受けた。 定年退職後、再雇用となり賃金が減額されているので障害年金 続きを読む