MENU

高次脳機能障害

糖尿病による高次脳機能障害で障害厚生年金1級を受給

相談に来られた状況 令和元年12月、ご本人(52歳)の妹様が相談に来られました。 アルコール過多、過食により、平成17年から糖尿病の治療を継続。 アルコールは止められず、次第に体力が低下し、平成29年に退職。 その後もアルコールの多飲、過食は続き、平成30年に高次脳機能障害と診断され、 自宅での生活は困難となり、同年6月より、病院に入院し療養生活を送っている。 無職で収入がないため、障 続きを読む

劇症型膵炎の後遺症による高次脳機能障害で障害基礎年金2級を受給

  相談に来られた時の状況 平成26年7月、ご本人(21歳、女性)のお父様が無料相談会に来られました。 10歳時に腹痛を訴え近医を受診したところ、ある数値が異常に高いため総合病院を紹介されて転院直後、症状が急変し、劇症型膵炎と診断され、膵性脳症を合併し、その後遺症で高次脳機能障害、精神遅滞、てんかん、糖尿病を発症した。 以後継続して受診しているが記憶力、理解力は低下し、脳波は7- 続きを読む

2回の不支給決定後に障害基礎年金2級が認定

  相談に来られた時の状況 平成25年2月、お父様が相談に来られました。 3年前に息子さんが交通事故にあい、その後、高次脳機能障害のリハビリを続けているが就労できる状態ではないので、 お父様が息子さんの代理人として障害年金の手続きを行ったが、不支給となり、 再度、請求手続き行ったが再び不支給となったので、専門家の援助を受けたいとのことでした。   相談から請求まで 続きを読む