MENU

呼吸器

喘息、肺気腫で障害厚生年金2級を受給

相談に来られた状況 令和元年12月、ご本人(50歳代、男性)が相談に来られました。 平成7年より、気管支喘息の治療を継続していたが、改善せず、平成27年に呼吸器の専門医に転院。 そこで肺気腫の診断を受け、平成29年より、在宅酸素療法を開始。 次第に就労の継続が困難となり、管理職の職責を果たせないので、令和2年3月末で退職の予定。 障害年金の請求を行いたいのでサポートをしてほしいとのことで 続きを読む