MENU

双極性感情障害

双極性感情障害で障害厚生年金3級が決定

相談に来られた時の状況 平成27年5月2日、ご本人(50歳代、女性)とご主人が無料相談会に来られて面談を行った。 平成14年9月頃、第1子出産後、6カ月の育児休業後に復職すると、仕事が減っていて、自分の居場所がなくなったと感じた。また、子供が保育園の先生になついているのがストレスとなり、顧客を訪問する際にパニックになった。うつ状態となり、平成14年9月30日に受診。車や公共交通機関に乗ることが 続きを読む

双極性感情障害で障害厚生年金2級が決定

相談に来られた時の状況 ご本人(50歳代、女性)とご主人様が無料相談会に来られて面談を行った。 平成13年から、就労していた勤務先で、問題解決ができずにストレスがたまるようになり、また、人間関係にも悩むようになり、不眠、頭痛、吐き気、抑うつ気分の症状が出現し、他人との意思疎通がスムーズにできなくなった。周囲の者の言動に対して腹が立ちやすく、興奮して感情をコントロールすることが、しにくくなる状態 続きを読む

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給した事例

傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年8月、ご本人(30歳代、女性)から電話を頂き、無料相談会には来られないので、自宅近くの喫茶店で面談を行いました。 以前から障害年金を受給していたところ、今年の更新で診断書を提出したところ、支給停止となった。仕事ができる状態ではないので障害年金の支給を復活したいが、自分では無 続きを読む

15年間受診なし、社会的治癒後の初診日で請求し2級決定 約106万円受給した事例

傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:約106万円 相談に来られた時の状況 平成28年1月、ご本人が相談にいらっしゃいました。 平成25年春ごろに職場の上司が退職し、自分の業務が増大しました。仕事と家庭の負担によるストレスで不眠、過食状態になり、病院で摂食障害と診断されました。その後、不安感、気分の落ち込みを自覚するようになり、人間関係が困難になったため同年夏ご 続きを読む