MENU

精神遅滞で障害基礎年金2級受給

傷病名:精神遅滞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(20歳前)
支給額:約78万円

1 相談に来られた時の状況

お子さんの精神遅滞でお母さまが相談にいらっしゃいました。

療育手帳を持ってますが、一般企業に勤めているため、認定されなかったらどうしようと心配されていました。

2 相談から請求までのサポート

20歳前から病院には定期的に受診されていました。

生まれてから現在までのお子様の様子、受診歴、知的障害児童施設・特別支援学校の教育歴、就労の内容(限定的作業なものに限られ、指導員の指導が常時必要であること)などをお聞きして、病歴・就労状況等申立書にまとめました。

主治医に診断書作成依頼する際に病歴・就労状況等申立書を添付して、詳細な内容を記載した診断書を作成していただきました。

3 結果

20歳前障害で障害基礎年金2級が決定し、約78万円を受給しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神遅滞」の記事一覧