MENU

双極性障害

双極性障害で障害厚生年金3級が決定

相談に来られた時の状況 平成27年11月27日、ご本人(30歳代、男性)が無料相談会に来られて面談を行った。 平成24年5月頃、運転中トンネルの中でパニック発作を起こした。過呼吸になって、イライラし始めた。平成24年7月受診。パニック発作を抑える薬を処方された。平成24年8月、退職。平成25年1月頃からアルバイトをしたが、長くて2ヶ月だった。平成26年1月頃から自宅療養。考えることができなくな 続きを読む

双極性感情障害で障害厚生年金2級が決定

傷病名: 双極性感情障害 決定した年金種類と等級: 障害厚生年金2級 支給額:1,366,700円     「厚生年金:586,600円(配偶者の加算:224,500円)/国民年金:780,100円」 相談に来られた時の状況 ご本人(50歳代、女性)とご主人様が無料相談会に来られて面談を行った。 平成13年から、就労していた勤務先で、問題解決ができずにストレスがたまるようになり、また、人間関係にも 続きを読む

双極性気分障害で障害厚生年金3級が決定

傷病名:双極性気分障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:802,900円(3年8ヵ月遡及分約301万円) 相談に来られた時の状況 平成25年4月、ご本人(50歳代、男性)から電話を頂き、無料相談会に来られ面談した。 平成20年頃、顧客からのクレームを担当する部署に異動になり、ストレスが増加して不眠が続くようになり、同年5月に近所の内科を受診。症状が改善せず、6月から休職に入り、精 続きを読む

双極性感情障害で障害厚生年金3級が決定

傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:583,900円 相談に来られた時の状況 平成25年10月、ご本人(40歳代、女性)が電話を頂き、無料相談会に来られないとのことで自宅に伺い面談した。 平成22年7月頃、乳がんが判明して不安、不眠が生じ、同年7月から精神科に受診。 うつ病と診断される。 症状の悪化で同年9月に退職し、一時入院する。その後、乳がんの治療を優先し 続きを読む

双極性障害で障害基礎年金2級を受給した事例

傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年6月、ご本人(20歳代、女性)が無料相談会に来られました。 平成22年頃より、仕事上のストレスで精神状態が不安定となり、ギャンブルを始めるようになり、精神科を受診。しかしながら、次第に症状が悪化して平成26年に入り、3回入院した。障害年金を受給したいが一人では無理なので手続きの 続きを読む

双極性障害で障害基礎年金2級受給した事例

傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年4月、ご本人(40歳代、女性)が知人と共に無料相談会に来られました。対人関係の構築が苦手なため、平成17年頃より不安感が増大、通院を始めるが、初診の病院が廃業したので転院。その後、複数の医療機関を受診しているが、症状が次第に悪化して、現在は日常の家事がほとんどできなくなって 続きを読む

双極性障害で障害基礎年金2級受給した事例

傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:772,800円 相談に来られた時の状況 平成26年4月、ご本人(40歳代、女性)が知人と共に無料相談会に来られました。 対人関係の構築が苦手なため、平成17年頃より不安感が増大、通院を始めるが、初診の病院が廃業したので転院。その後、複数の医療機関を受診しているが、症状が次第に悪化して、現在は日常の家事がほとんどできなくなっ 続きを読む

15年間受診なし、社会的治癒後の初診日で請求し2級決定 約106万円を受給した事例

傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:約106万円 相談に来られた時の状況 平成28年1月、ご本人が相談にいらっしゃいました。 平成25年春ごろに職場の上司が退職し、自分の業務が増大しました。仕事と家庭の負担によるストレスで不眠、過食状態になり、病院で摂食障害と診断されました。その後、不安感、気分の落ち込みを自覚するようになり、人間関係が困難になったため同年夏 続きを読む