MENU

統合失調症(支給停止解除相談)で障害基礎年金2級受給した事例

傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給額:約100万円(子1人の加算を含む)

相談に来られた時の状況

奥様のことでご主人が相談に来られました。
統合失調症で、3年前から奥様が障害基礎年金を受給されていましたが、更新時に等級不該当となり、支給停止となりました。

しかし、最近、状態が悪化したので支給再開ができるように手続きをして下さいとのお願いがありました。

相談から請求までのサポート

自身の病気と闘いながら、うつ疾患の夫と1歳の子との家庭生活は想像をこえるものがあると思われるので、しっかりサポートしようと考えました。最初に、支給停止時の診断書と病歴申立書を年金事務所で取り寄せ内容を精査しました。

そして、日常生活状況についてしっかりと聴き取りをし、内容を医師に伝えて診断書を作成してもらいました。(支給再開手続きに必要な、現在の診断書です)
前後の診断書内容を比較検討して、症状悪化の要因が分かりましたので、何故そのように、悪化したのかを「申立書」にまとめ、他の書類と一緒に年金事務所に提出しました。

この「申立書」が本手続きのポイントであったと思います。

結果

障害基礎年金2級が決定し、約100万円を受給できるようになりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「統合失調症」の記事一覧