MENU

うつ病で障害厚生年金3級が決定

傷病名:うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給額:673,000円(3年余遡及分約206万円)

相談に来られた時の状況

平成26年6月、ご本人(30歳代、女性)が無料相談会に来られて面談した。

平成22年頃転勤による精神的ストレスが蓄積され、吐き気、目まい、不眠の症状が出現。

同年6月より、他県の精神科に受診。その後結婚を契機に広島に引っ越して受診を継続するが、症状の改善がないため、平成23年4月に退職。自宅での療養を続けているが日常生活は夫の援助を必要とし、就労も困難なため、障害年金の請求を行いたいが、一人ではできないのでサポートをしてほしいとのことでした。

相談から請求までのサポート

先ず、ご本人の委任状を頂き、他県の初診と思われる医療機関に対し、受診状況等証明書の作成を依頼した。

受診状況等証明書を受領後、保険料納付要件が充足していることを確認した。

障害認定日時には、就労されておらず自宅で療養中だったので、認定の可能性が十分にあると判断し、日常生活の状況についてご本人から聴取した内容を記載して参考資料を添付し、障害認定日の病院に診断書の作成を依頼した。

現在の病院に対しては、ご本人から診断書を依頼して頂いた。

併せて、発病から現在までの病歴、治療の経過、就労状況、日常生活の状況を詳細に伺い、病歴・就労状況等申立書を作成した。

結果

平成27年2月、障害厚生年金3級の受給が決定した。

年金額は、673,000円(3年余遡及分約206万円)である。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「うつ病」の記事一覧