MENU

自閉症で障害基礎年金1級を受給

相談者

傷病名:自閉症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給額:974,125円

相談に来られた状況

平成29年11月、お母様が息子さんが間もなく20歳になられるので

障害年金の受給をしたいので手続きの代行を依頼したとのことでした。

発語は遅く、小学校、中学校は特別支援学級で、高校は特別支援学校に在籍。

高校卒業後、就労はできないため、生活介護の作業所に通所中。

多動で自宅での生活が困難なためグループホームで過ごしている。

何とか、「1級」の認定を受けたいとのことでした。

 

相談から請求までのサポート

療育手帳は「A」であるが、自閉症を主にしたほうが、「1級」の可能性は高いと判断し

出生から現在までの「自閉症に関するトピックス」をお母様から

詳細にヒアリングして病歴・就労状況等申立書に記載した。

更に別紙で「自閉症に関するトピックス」をまとめて記載し、資料として年金事務所に提出した。

こども療育センターから受診状況等証明書(初診日の証明用)を取り寄せて、

診断書作成のための参考資料を作成し、受診の際に同席し、直接、医師に説明を行った。

 

結果

結果、平成30年7月、障害基礎年金1級が決定し、

974,125円(年額)を受給することができ、お母様に大変喜んでいただいた。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「 精神・自閉症」の記事一覧